読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

http://totb.hatenablog.com/entry/2017/02/08/082139
Think outside the box
MAKE JAPAN GREAT AGAIN


(見出し)
2017-02-08
ネオリベラリズムが頑健な理由

(私のコメント)
誰が書いているのか知らないが、このブログは毎回良い論考を書いている。
色々な現象を読み込んで、イデオロギーに偏らず、現代を正しく打ち抜いている。
今回の記事の肝は「リベラルの根本思想は「人間は代えられる」というものだ」というところだろう。
これはリベラルが人間を平等としてとらえたいのでそうなるのではないか。
教育や本人の努力で変えられることにしないと社会の格差を説明できないのだ。
社会が平等でないのは世の中の伝統文化が因習として作用するからだ、などというがごまかしだ。
実は人間は生まれながらに親からもらった遺伝子と生まれた環境で大体決まってしまい、そこで出来る格差を前提として生まれているのだ。
人生はそういう所与の中で努力してゆくものだ。
平等は人間社会の規範の一つだがそれを無理に適用しようとすると現実が歪んでしまう。
アメリカにジョンデューイという哲学者教育学者が居るのだが、人は自主的に考えたりやらせたりする教育を主張して有名になった。
先生が教壇で一方的に話すのでなく生徒が自主的に話し合って勉強してゆく、というやり方だ。
そうすることによって人間は自主的に変えられる、という。
戦後もてはやされ、創価学会なども理論的根拠としたようだが、今はあまり聞かなくなった。
現在の社会は「人は変えられる」ということが前提として組み込まれた社会だ。
だが、これが行き過ぎると現実が歪んでしまうのだ。
橘玲著「言ってはいけない」「残酷な世界で生き残るたったひとつの方法」の本にある通り、人間は遺伝子に支配されている存在だ。
知能や性格は親からもらったもので、ある範囲以上は殆ど変えられないものだ。
サヨクは自分が頭が良くてよい性格なのは自分が努力して変えてきたからだ、努力すれば人は代えられる、と信じている。
学問のすすめ」にある通り、勉強したら偉くなれる、というのは実は間違いで勉強してもその人の限界までは偉くなれる、ということだ。
その限界が分からないから皆おとなしく「学問ノススメ」を信じて学校に通う。
現代は遺伝的に頭の悪い人と遺伝的に頭の良い人のシンパシー(共感、親和性)がなくなっている時代なのだ。
昔は両者に国家とか地域、会社などの共通項があったが今は無くなった。
磯田道史著「無私の日本人」に出てくる人々は頭が良くても悪くても善良でもずるくても皆連帯して社会を構成するよう努力している。
今は頭の良い人は国を越えて世界の頭の良い人同士で共感を持って共同体のような連帯感を持っている。
グローバリズムとはそういうものになる。
昔は右翼とサヨクの対立軸が世界を動かしていたが、現在は頭の良い人とそうでない人の対立軸になっているのではないか。
頭の良い人はごく一部なのだが、その人たちに世界の富の大部分が集まってしまい、大部分の頭が普通以下の人が貧困になって苦しんでいる。
上流の富裕層支配者たちは自分を変えようとしなかったのだから自己責任だ、と自分たち以外を切り捨てる。
普通に生まれた人は苦しい状態が続くので耐えられず、アメリカンドリームのような麻酔が段々切れてきた、というのが現状だろう。

グローバリズムを信奉するエリートについて、次のツウィッター記事がとても良くその性質を書いている。
いろいろ勉強になるね。
(引用)
渡邉哲也 ‏@daitojimari 20時間20時間前
その他
北斗の拳の世界 確かに 多文化共生であり、政府など権力による管理も統制もない 自由が謳歌できるし、
国境も差別もないのですよね。 その代り弱い者は死にますけど
渡邉哲也 ‏@daitojimari 20時間20時間前
行きつく先は北斗の拳の世界 RT @yorokobaseru:
グローバリズム」「多文化共生」「地球市民」…進歩的文化人が好むこれらの言葉はすなわち「地域や共同体の破壊」を美しく言い換えたもの。
「人々の幸福」を心底考えて口にしている人がいるのでしょうか?
0件の返信 126件のリツイート 82 いいね

渡邉哲也 ‏@daitojimari 20時間20時間前
その他
中国は 農業だけでなく工業も焼き畑なんですね。 その土地がどうなってもよいので大気汚染と汚れた水で公害を垂れ流す。
その土地がダメになったら他に移るわけです。 それが中国の移民の実態でもあるのでしょう。
0件の返信 280件のリツイート 180 いいね
返信 リツイート 280
いいね 180
渡邉哲也 ‏@daitojimari 20時間20時間前
その他
土地を耕し水路を作り、土地が枯れないように肥料を入れて育ててきた土地がある。
ここに焼き畑を主とする民族(流浪の民)を入れたらどうなるか 土地が荒廃し、土地を育ててきた人たちが住めなくなる
これに気が付いた人たちが追い出しに掛かっている。これをトランプはやっているという話
渡邉哲也 ‏@daitojimari 20時間20時間前
その他
日本は土地を育て、水路や農道を作り定住型農業を構築してきました。
ここに焼き畑を主とする流浪の民フリーライダー)を入れたらどうなるか です。
肥沃な土地が荒廃し人た住めない土地になってしまう。 トランプVS移民 ナショナリストVSグローバリスト 根っこはここにある
0件の返信 265件のリツイート 173 いいね
返信 リツイート 265
(私のコメント終)