読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1705-6-1244-5/7メルマガブログ転送メトロポリタン美術館名画鑑賞

中身が濃くて面白い備忘メルマガブログ紹介
  週刊
  ★高橋浩子の日本一“お気楽”なパソコンマガジン★
       ~ 第780(Vol.780号) ~
     2017 年 04/30・05/04 合併号


(私のコメント)
パソコンで名画を自由に見られる時代になった。
暇なときにランダムに見ると飽きないで面白い。
下記をクリックすると、いろいろな名画を見ることが出来る。
 ★パブリックドメイン 世界の名画
 http://www.bestweb-link.net/PD-Museum-of-Art/
(私のコメント終)

 

(引用開始)

(見出し)

■お気楽・ひろこの『やっぱり日本一お気楽なパソコン講座』
   ~ 世界の名画をありがとうメトロポリタン!の巻 ~

 はい、皆さま、ごきげんよう。いつもなら、楽しいお氣楽講座の
 時間です。本日はゴールデンウィークっぽい話題を少々。働いて
 いる方すいません。休日モードのお話です。
 
 普段わーっと忙しい毎日を送っていると、なかなか芸術にまで
 手が回らないものですが、まとまった休日で心に少し余裕ができ
 ると「ちょっとアートでも…」と思えるようになるもの。
 
 そんな氣分にピッタリのニュースをキャッチいたしました。
 ニューヨークのメトロポリタン美術館(MET)が、著作権切れ
 の貯蔵作品を私たちが自由に使えるように、公開してくれました。
 
 美術作品は、作者の死後50年で著作権が切れ、「パブリックドメ
 イン(PD)」となります。「ドメイン」というと、ホームページ
 の住所(URL)っぽいですが、そもそもは「領域」という意味です
 からね。公のモノになりました♪ってことなのでしょうね。
 
 フェルメールゴッホ、モネ、ピカソに、歌麿写楽の浮世絵
 など、名だたる巨匠達の名画に加え、着物や歴史的価値が高い
 美術品の数々を無料でダウンロードできるっていうんですから、
 相当な太っ腹です。
 
 しかもその数、37万5千点!!!
 いやー、ありがたい、ありがたい(-人-)
 
 しかも、公開されているデータは、著作権に問題がないだけで
 なく、クリエイティブ コモンズ0(CC0)のライセンスの元に
 公開されているとのことなので、商用仕様も問題なし!!
 
 素敵、素敵すぎる~!!!\(^o^)/
 早速ご覧下さい!!
 
 ★メトロポリタン美術館
 http://www.metmuseum.org/art/collection
 
 でも、検索して行くと、「学術論文などへの非商用利用であれば、
 ダウンロードした画像を利用することも可能だ」という記事も
 あったので、実際に使う場合はよく調べた方がいいかも。
 
 ★関連記事
 1)ITメディア;メトロポリタン美術館、約40万点の高精細画像
 ダウンロードを可能に
 http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1405/20/news087.html
 
 2)Japaaan;こりゃすごい~っ!メトロポリタン美術館が浮世絵
 や日本画を含む美術作品を無料公開!商用利用OK
 http://mag.japaaan.com/archives/50854
 
 いずれにしても、個人的に楽しむにはまったくもって問題ないので、ここはいっちょ、思いっきり好きな名画にたっぷり触れてみよ
 うではありませんか。
 
 使い方はとってもカンタン。サイトにアクセスして検索すれば
 一発表示。あとは作品の右下に出て来る「Download」をクリック
 して、保存してください。
 
 さらにGoogleChromeには、クリックするだけで保存できる
 便利な機能拡張もありますので、頻繁に利用する方は、入手して
 おくと良いでしょう。
 
 ★Chrome機能拡張
 http://mag.japaaan.com/archives/51019
 
 他にもこんなサイトもありました。賢く利用すると、美術品が
 とっても身近に感じられるかも。興味とお時間がある方は、ぜひ
 覗いてみてください。
  
 ★パブリックドメイン 世界の名画
 http://www.bestweb-link.net/PD-Museum-of-Art/
 
 ★NYニューヨーク公立図書館 デジタルコレクション
 https://digitalcollections.nypl.org
 
 それでは今日はこの辺で。
 また来週まで、ごきげんよぉ~っ!


(引用終了)