読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1703-4-1188-3/3メルマガブログ転送ひな祭り

中身が濃くて面白いメルマガブログ紹介
https://www.youtube.com/watch?v=tQAFJ_NPrfA
【童謡】 歌詞有り『うれしいひなまつり』
https://www.youtube.com/watch?v=BcIfIrS8QJ0

うれしいひな祭り - Japanese children's song of Hina-Matsuri


(私のコメント)
ひな人形というのは古い家によく合う。

座敷わらしとかと同じで何かあるような気がするところが魅力だ。
そういう何か怖い感じがするところがとても良い。
怖くてさみしくて美しいひな人形はやはり春の女のお祭りにふさわしい。

作詞のサトウハチローは若いころは手の付けられない不良だったが、少年少女雑誌に子供向けの小説を書いて成功した。
何かこういう純粋な人は世間と摩擦を起こすのだろう。
私も子供のころ、この人の小説を愛読して今でも覚えている。
今の人は漫画かもしれないが、当時はこういう冒険小説みたいなものをよんだ。
お陰で本を読むのが習慣になって、年とっても本を読んでないと気が済まないようになった。
本の依存症かもしれないが、その元になったのがこういう人の面白い小説だった。
先日の映画「片隅」のテーマソング「悲しくて悲しくてとてもやりきれない」というのもサトウハチローだ。
http://www.uta-net.com/movie/1338/
ザ・フォーク・クルセダーズ

胸にしみる空の輝き
今日も遠く眺め涙を流す
悲しくて悲しくて
とてもやりきれない
このやるせないもやもやを
誰かにつげようか

白い雲は流れ流れて
今日も夢はもつれわびしく揺れる
悲しくて悲しくて
とてもやりきれない
この限りないむなしさの
すくいはないだろうか

深い森のみどりにだかれ
今日も風の歌にしみじみ嘆く
悲しくて悲しくて
とてもやりきれない
このもえたぎる苦しさは
あすもつづくのか

他にもたくさんの詩を書いている。

https://search.yahoo.co.jp/video/search?p=%E3%81%A1%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%84%E7%A7%8B%E3%81%BF%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%9F&tid=cc8641516dccaf436d517c06df34356b&ei=UTF-8&rkf=2
小さい秋見つけた - YouTube
母親に早くから離婚と死に別れて母の詩が沢山あってそれがとても良い。
http://amamori.exblog.jp/4721007/
♪ おかあさんはわたしを生んだの

   おかあさんはわたしを生んだの
   それから
   わたしをそだてたの
   それから
   わたしをたのしみにしていたの
   それから
   わたしのために泣いたの 
   それから
   それからあとはいえないの
http://www.ne.jp/asahi/kaze/kaze/diary7.html
佐藤愛子の「血脈」

(私のコメント終)